長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 医療・福祉 (2015年3月18日更新)
長崎新聞


教育、研究、地域貢献で交流へ
協定書を交わした安部学長(右)と向井学長=佐世保市、長崎国際大
協定書を交わした安部学長(右)と向井学長=佐世保市、長崎国際大

 佐世保市の長崎国際大(安部直樹学長)と佐賀県神埼市の西九州大(向井常博学長)は17日、包括連携協定を結んだ。健康・福祉・医療・まちづくりなどの分野における教育や研究、社会貢献事業などで連携を図る。

 相互の資源活用で両大の教育サービスなどを充実させ、さらに、大学がある地域の活性化が狙い。両大は、教職員数、学生数などが同規模で、ともに管理栄養や福祉に関する学部がある。キャンパスの距離も近く、教職員交流や学生交流など、密接なやりとりが期待できるという。

 協定書では、2大学連携推進委員会を設置し、教育や研究、地域貢献活動の全般で交流、連携すると明記。具体的には、西九州大は留学生の受け入れなどの国際交流、長崎国際大は学生による地域活性化について学ぶ。

 同市ハウステンボス町の長崎国際大であった締結式で、向井学長は「長崎国際大とは学部・学科の共通点も多く、具体的に話し合うことで協定が有意義になる。地域の発展に尽くすため、共に歩んでいきたい」、安部学長は「教職員の資質向上のための勉強会などいろんな連携をしていきたい」と述べた。





   全国・海外のニュース

主要

病気腎移植、条件付き承認
平安京でガラス製「水滴」初出土写真有
東証13日続伸、終値85円高写真有
米軍、炎上事故ヘリの搬出開始写真有
トヨタ、アルミで安全確認写真有
社会

営業秘密持ち出した疑い、愛知
ヤンゴンで火災、邦人死亡
名古屋大、がん疑い見落とし死亡
少女買春容疑で医師再逮捕
厳罰求め、父が娘の動画を公開写真有
政治

鹿児島離島で繰り上げ投票
首相指名、11月1日軸写真有
天皇陛下との会見調整写真有
与野党、終盤へ対決激化写真有
対北、あらゆる手段で圧力強化
スポーツ

J・トーマスが63で首位発進写真有
ロッテ、金森氏らがコーチに
リーチがW杯以来の主将復帰写真有
セーリングW杯、ノーレース
関西学生野球、関大が36度目V
経済

最上級レクサスのHV発売
アプリでプログラム授業を公開
リニアにも、改ざんのアルミ製品
スーパーカブ製造国内回帰へ写真有
セブンとヤマト、配送にEV導入写真有
国際

NZ、9年ぶり政権交代へ
対ミャンマー制裁要請、米議員団
カタルーニャ、州自治権の停止か
トランプ氏非武装地帯視察に賛否
中国共産党、規律違反で大量処分写真有
株・為替

為替相場  19日(日本時間18時)
東京株式 19日終値
ナスダック 18日終値
NY株式  18日終値
為替相場  19日(日本時間 2時)
暮らし・話題

12月電気料金、全10社値下げ
「ミライザ大阪城」が開業写真有
列車内にICカード改札機写真有
結婚式費用は354万円
訪日客消費3兆円突破、1〜9月写真有
医療・健康

病気腎移植、条件付き承認
化血研に新会社案浮上
がんゲノム病院、12カ所指定
血液検査でバセドー病再発を予測
拡張型心筋症に初の幹細胞移植写真有
科学・環境

大飯1、2号の廃炉方針を否定
月の巨大な空洞、活用に期待
玄海原発30キロ圏にヨウ素剤
日米原子力協定延長へ写真有
韓国原発で冷却材漏れ
文化・芸能

平安京でガラス製「水滴」初出土写真有
山形大、ペルーの遺跡で人骨発見
ハネムーンにも個性?写真有
「恋」がテーマの特別展写真有
里見が女流王将3連覇




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」