長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 医療・福祉 (2014年12月8日更新)
長崎新聞


慢性腎不全でも「元気をあきらめない」 県内離島初、在宅透析へ

 慢性腎不全を患い、病院で約8年間血液透析を続ける新上五島町小串郷の主婦、小野千鶴さん(34)が、透析を来年4月から在宅でしようと、透析技術の研修に夫の敬さん(42)ら家族と取り組んでいる。研修場所は上五島病院(八坂貴宏院長)付属診療所の有川医療センター。八坂院長によると在宅透析に向けて患者らが研修に臨むのは県内3例目で離島では初めて。

 慢性腎不全は、体内の水分を外に出せず、全身がむくみやすい。血液透析は機器を使って血を体外で循環させ、人工腎臓を通して過剰な水分や老廃物などを取り除く方法。患者は週3日通院し、1回約4時間の透析をしなければならない。他の透析患者も多く、生活は規制される。一方、機器を借りて自宅に持ち込み、本人や家族が透析技術を身に付ければ在宅で週6日、1回2〜3時間の透析が可能。毒素がたまりにくい体質になり、腎性貧血など合併症誘発の減少も期待できるという。

 千鶴さんは高校時代に陸上部に所属するなど健康体だったが、奈良でバスガイドをしていた21歳のとき慢性腎炎を発症し退職。故郷の新上五島町に戻り、食事制限や投薬治療などを続けていたが症状は次第に進行、慢性腎不全となり、医師から「血液透析が必要」と宣告された。

 ショックを受け、「私は病気だから」と全てを悲観的にとらえるようになった千鶴さん。だが2004年、同町で製塩業の傍ら児童生徒に自給自足体験などを提供する農園を運営する横浜市出身の敬さんと出会い、受けたひと言が人生を変えた。

 「千鶴さんにしかできないことがある」

 農園や子どもたちのキャンプの手伝いなどをしながら、人との交流を通じ「自分の居場所が見つかった」。05年に敬さんと結婚。翌年から透析を始めた。

 妊娠すると極端に血圧が上がり母子ともに危険な状態になる恐れがあるため、当時、県内で透析をしながら出産した例はなかった。大きなリスクを伴ったが、出産例があった福岡県久留米市の病院に相談し出産を決意。07年に長男の太志君(7)を授かった。1564グラムの未熟児だったが元気に成長。2人は「生まれてくれてありがとうという思いでいっぱい」と語る。

 研修は、同センターで週3日の透析を続けながら、敬さんとその母春子さん(67)の3人で今年5月から受け始めた。腎臓の仕組みや食事管理などを計6回の講義で学んだ。血管に注射針を刺すなど一つ間違えば生命にかかわる手順もあるため、毎回のテストで80点以上取ることが求められ、追試を受けることもあった。

 現在は臨床工学技士の下山賢志郎さん、看護師の堺由夏さんの立ち会いの下、透析機器の操作や、血液中に空気が入らないようチューブの空気を抜く技術習得などに励む。

 同センター透析室副看護師長の川上千穂さんは「安全、確実な在宅透析の実現へ一丸となって指導している」。千鶴さんは「血液透析のおかげで生かされ子宝にも恵まれた。同じ症状で苦しむ人たちも、元気になることを絶対にあきらめないでほしい」とほほ笑む。





   全国・海外のニュース

主要

天皇陛下との会見調整写真有
西室泰三氏死去写真有
与野党、終盤へ対決激化写真有
広島、楽天が先勝写真有
神鋼、不正手口メモで継承写真有
社会

山中の他殺体は62歳女性
父「学校不信は変わらない」
19日に津波データ入手不能に
選管、学生らの不在者投票断る
大雪山系旭岳で遭難の4人救助
政治

天皇陛下との会見調整写真有
与野党、終盤へ対決激化写真有
対北、あらゆる手段で圧力強化
国保赤字、市区町村の穴埋め容認
小池氏に安倍1強打倒を期待
スポーツ

羽生が4回転ルッツ練習写真有
ACL、浦和が10年ぶり決勝へ写真有
ソ2―3楽(18日)写真有
広島、楽天が先勝写真有
広3―0D(18日)写真有
経済

NY株、再び2万3千ドル台
西室泰三氏死去写真有
米住宅着工4・7%減、9月
NY円、112円後半
神鋼、不正手口メモで継承写真有
国際

乗客引きずり降ろしで解雇
EU、神鋼からの調達停止勧告
再び「メリーXマス」と言おう写真有
スペイン、州自治権停止を準備写真有
「習氏思想」指導理念に写真有
株・為替

為替相場  19日(日本時間 1時)
東京株式 18日終値
ナスダック 17日終値
NY株式  17日終値
為替相場  18日(日本時間 2時)
暮らし・話題

列車内にICカード改札機写真有
結婚式費用は354万円
訪日客消費3兆円突破、1〜9月写真有
顔認証の帰国審査、羽田で始まる写真有
世界都市ランク、東京が連続首位写真有
医療・健康

がんゲノム病院、12カ所指定
血液検査でバセドー病再発を予測
拡張型心筋症に初の幹細胞移植写真有
再生医療の登録制度開始
「出生前診断は必要?」
科学・環境

大飯1、2号の廃炉方針を否定
月の巨大な空洞、活用に期待
玄海原発30キロ圏にヨウ素剤
日米原子力協定延長へ写真有
韓国原発で冷却材漏れ
文化・芸能

グランプリはフランス映画
バリシニコフさんらが受賞写真有
田中裕二イクメン称号で妻に感謝写真有
上方落語の先人顕彰、招魂社完成写真有
若山牧水賞に三枝浩樹さん写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」