[長崎新聞社の本]




トーマス・グラバーと倉場富三郎
 グラバー父子の栄光と悲劇

幕末の長崎に乗り込み、艦船や武器の取引で討幕の志士たちを支援したイギリス商人トーマス・グラバーと、
その長男で日本人として生きた倉場富三郎の波乱に満ちた生涯をたどる。
太平洋戦争時、スパイ視された富三郎は苦悩の果てに大戦後に自殺。その死の謎にも迫る。
長崎を拠点に日本の開国、近代化に貢献、日本史にその名を刻まれたトーマス・グラバー没後100周年(2011年)での
刊行。

著 者:志岐隆重
体 裁:四六判 186ページ
定 価:本体1,400円+税
ISBN :978-4-904561-59-1





戻る

■万一、落丁・乱丁本がありましたら、お取替えいたします。
長崎新聞出版室 TEL095-844-5469 FAX095-848-4856
E-mail:shuppan@nagasaki-np.co.jp