[長崎新聞社の本]




 林京子 人と文学   “見えない恐怖”の語り部として 

林京子 人と文学
原爆被爆から60年。
学徒動員中に長崎で被爆した林は
文学作品で“核の恐怖”を告発し続ける。
林と親交のある文芸評論家の著者が
数々の林作品の今日的意義などを
分かりやすく解説している。

著者:渡邊澄子


体裁:A5判、175ページ
定価:本体1600円+税
ISBN4-931493-65-3



林京子 人と文学


戻る

■万一、落丁・乱丁本がありましたら、お取替えいたします。
長崎新聞出版室 TEL095-844-5469 FAX095-848-4856
E-mail:shuppan@nagasaki-np.co.jp