さるくCity4〇3遊歩隊

ユニークな振り付けの「さるくCity4〇3遊歩隊」=祇園小


  ヒップホップに注目
 佐世保最古参のYOSAKOIチーム。当初は中央商店街の活性化を願って結成されたが、現在は誰でも参加できる市民チームとして定着。今年は七歳から五十六歳の約五十人がヒップホップダンスを取り入れた、にぎやかな踊りで、四年ぶりの入賞も視野に入れながら練習に励む。チーム名の「さるく」にちなみ、サルの動きをイメージした振り付けにも注目。



長崎県立大学 リズム戦隊メロディアス

ヒーローに成り切る「長崎県立大学 リズム戦隊メロディアス」=県立大


  “ヒーロー”勢ぞろい
 昨年、ボランティアスタッフとして祭りを舞台裏で支えた県立大生が、地元大学の単独チームとして初めての舞台に立つ。テーマは若者らしく「戦隊もの」。四十五人のメンバーが、テレビ番組の主題歌を思わせる”かっこいい”曲に合わせて、ミュージカルさながらに歌い、踊る。エネルギーあふれる演舞で一人一人が”ヒーロー”に成り切る姿は必見。


2005年10月25日長崎新聞掲載