相浦チャンプルーズ

ひょっとこ面を着け、おどけた動きを見せる「相浦チャンプルーズ」=佐世保市川下町、市立相浦中


笑い誘うおどけた動き
 佐世保市相浦地区を拠点に、地域の女性らが中心となって活動。四回目の出場となる今回は、宮崎県日向市に伝わるひょっとこ踊りを取り入れた楽しい歌と踊りで平和を願う。全員がひょっとこ面を着け、「これで世界も万々歳」と言いながら見せるおどけた動きが笑いを誘う。鮮やかな水色の衣装に七色の帯を巻き、テンポのいいラテン系の音楽で観客に元気を与える。




くりのみかわいか隊

総勢111人で元気に踊る「くりのみかわいか隊」=佐世保市権常寺1丁目、早岐くりのみ幼稚園


園児だけで元気に挑戦

 佐世保市の早岐と黒髪にある、くりのみ幼稚園年長組の合同チーム。「みーんな佐世保の街が大好きです」という園児の言葉で始まり、百十一人が、小さな体いっぱいに、古里への思いを表現する。今年は先生が一緒に踊らず、園児だけでの初挑戦。家族手作りの八色の法被と、ぽんぽん付きの鳴子を手に「さ・せ・ぼ」という掛け声を元気に響かせる。


2004年10月20日長崎新聞掲載